予防したい生活習慣病

MENU

生活習慣病チェック

生活習慣病チェックをするということは、自分が生活習慣病にかかっていないかどうか、予備軍になってはいないかどうかを知るために、とても有効な方法です。今日本人の多くが生活習慣病にかかっているといわれていますから、生活習慣病を未然に防ぐためにも、早めに生活習慣の見直しをするということは大切なことなのです。しかし生活習慣病というのは、日々の蓄積によるものですから、なかなか自分が生活習慣病にかかっているということや、生活習慣病予備軍になっているということを分からない人が多いのが現状です。
少しでも早く生活習慣病にかかっているということがわかれば、未然に防ぐことが出来ますし、それだけ病気を発症しなくてもいいことにもつながります。そのためには自分で日々、生活習慣病ではないかチェックすることが大切です。予防できる病気なのですから、生活習慣病は未然に防いで自分でチェックして確かめていきましょう。
生活習慣病のチェックは、病院で健康診断を受ければ一発でわかりますが、そこまでしなくても、もっと簡単なチェックの方法で生活習慣病を見つけることが出来ます。
今はインターネット上でも生活習慣病のチェックが出来るサイトが増えていて、手軽にイエスかノーかを選択していくだけで、自分が生活習慣病にかかっているのかどうかをいることが出来ます。
早めに病気を見つけるようにするためにも、生活習慣病のチェックは、怠らないようにして、未然に自分で防ぎましょう。

生活習慣病と体脂肪

生活習慣病と体脂肪はかなり大敵といってもいい関係にあります。生活習慣病の中でも特に最近増えているのが、肥満ですが、肥満と言えば、体重が単に重たくなったとか、見た目に太ったということばかり気にしている人が多いと思います。しかし肥満というのは実は体脂肪が増えることを指しています。体重が単に増えることだけを指しているのではなくて、生活習慣病の大敵といわれている肥満というのは、体脂肪が増えたことを指しています。体脂肪は生活習慣病を発症しやすいとされている中高年に一番多く増えやすい時期といわれていますが、その理由としては、年齢を重ねれば重ねるほどに、人間は基礎代謝量というのが減っていきますから、体の中の脂肪が燃やされず、どんどん蓄積されるのです。若いころと体重的にはそれほど変わっていなくても、筋肉が落ちてしまって、体脂肪が増えているという場合には、若いころは肥満では中なったとしても中高年になると、それは肥満に分類に入るという人も中にはいます。
仕事が忙しくて食生活が乱れがちな中高年は生活習慣病にかかりやすいといわれていますが、体脂肪をいかに減らすのかによって、まだまだ改善できます。食事から体に取り入れたエネルギーを体脂肪として蓄積せずに、とにかく運動などをして、代謝を良くすることが大切です。
体脂肪が増えてしまうと、メタボリックシンドロームになり、生活習慣病の様々な症状を引き起こすことになりますから注意が必要です。

生活習慣病の一次予防

生活習慣病の一次予防というのは、生活習慣病がまだ発症していない段階ではあるが、これから発症する可能性があるというような状態で、予防をするということを生活習慣病の一次予防といいます。生活習慣病にはいろいろな症状があり、生活習慣を見直すだけでも十分変わってくると思います。一次予防では、生活習慣を見直して、病気合掌しないように予防するということになります。
では生活習慣病の二次予防というのはどうすることなのかというと、実際に生活習慣病にかかってしまった時に、その病気がこれ以上進まないように治療をして、早い段階で完治させることを言います。生活習慣病の一次予防の中でも一番大切とされている音は、食生活の見直しです。食生活の見直しというのは、生活習慣病すべてに共通した改善につながりますから、病気の症状や状態がどうであっても、食生活の見直しは早めに一次予防の段階で行わなければいけません。
生活習慣病はかかるまでは時間がかかり、毎日の生活習慣の日々の蓄積が積み重なって起きていきますが、かかってしまえば進行は早く、他の病気も引き起こしていきますから、十分に注意が必要です。生活習慣病を一次予防の段階で食い止めるということはとても大切なことになりますから、自分で自覚を持って、生活習慣病対策をしていくうえで、一次予防に気をつけていかなくてはいけません。一次予防の期間でしっかり予防できれば、生活習慣病を未然に防げるのです。